よいブリーダーとは?

子犬の見学が出来るか出来ないか

まずブリーダーであれば見学出来ることがポイントです。もし出来ないと言われた場合は、迷わず別のブリーダーを探しましょう。

なぜなら、見学できないのは犬舎や犬の管理がしっかり出来ていないため、来てもらっては困るからという可能性が非常に高いと思われます。

実際に見学に行くつもりがなくても、この問い合わせは一番最初に行っておきましょう。

子犬の譲渡時期の確認

子犬は最低でも生後42日間は、母犬からの授乳によって必要な抗体を受け継ぎます。

つまり、譲渡時期がいつでもOK!あるいは、42日以前でも譲渡可能ということであれば、犬に関する知識がないブリーダーであるか悪質な業者と言えます。

もし、生後60日以降の譲渡時期であれば、そのブリーダーは、かなり知識のある良心的なブリーダーの可能性が高いと思われます。

ペットショップなどの場合は、仔犬の搬入日の確認42日以前なら問題外、それ以降でブリーダーからの直接搬入の場合は一応合格です。70日を越えると他店や業者から回されてきた可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

少なくとも、子犬の搬入経路をさりげなく尋ねハッキリ答えてくれて、それがブリーダーからの直接搬入であれば一応大丈夫だと思います。

譲渡時期が42日以降ならとりあえず合格ですが、最適な時期は生後50日以降です。

このページのトップへ

子犬のワクチン接種日の確認

ワクチンの接種時期は、生後42日〜60日以内に行います。この時期より早くても遅くてもダメです。最適な時期は、生後50日〜60日以内です。

この事を確認せずに犬を購入してしまうと、せっかく飼った仔犬が数週間で致命的な病気になることがよくありますので必ず確認してください。

子犬の入手は、できるだけブリーダーからをオススメします。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ