成犬のワクチン接種

成犬のワクチン接種は、1年に一回?3年に1回?

米国のガイドラインによると、コアワクチンについては、 犬の抗体持続期間が3年以上もつとの見解から犬のワクチン接種は3年に1回でよいとされているようです。 頻繁なワクチン接種による副作用やアレルギーのリスクも考慮してのことなのでしょう。 また、実際にアメリカなどでは3年に1回の犬のワクチン接種が慣例化されてもいるようです。

我が国日本では、そのようなガイドラインはありません。 様々な研究がされているのでしょうが、決定付ける事が出来ないようです。

一般的に、日本では年に1回のワクチン接種が行われてきましたし、現在も年に1回のワクチン接種が慣例的に行われています。 事実ほとんどの動物病院は、1年に1回のワクチン接種を推奨しているようです。

コアワクチンではない犬レプトスピラ病などについては、抗体持続期間半年から1年位らしく、 3年に1回の接種サイクルだとこの犬レプトスピラ病に対する予防は不十分になる可能性が考えられます。

日本のペット文化は、欧米諸国に比べると数年遅れていると言われています。 ペット文化先進国であるアメリカのガイドラインや研究結果から慣例化されている3年に1回のワクチン接種サイクルを無視する訳にもいきません。

日本の動物病院が1年に1回のワクチン接種を推奨する大きな原因として予測されるのは、第一にワクチンを販売しているメーカーの服用方法が1年に1回のワクチン接種とされているためじゃないかと思われます。 動物病院側がこのメーカーの服用方法を無視して1年以上のサイクルでワクチン接種をして、問題が発生したときメーカーに責任を問えなくなるという事を避けるためとも考えられます。

第二に、3年に1回のワクチン接種が慣例化されると、動物病院・製薬メーカー側のワクチン接種による収益が激減する事を恐れ、 メーカーは3年に1回になるような研究・開発に力を入れていないのかもしれません。

この他にも上記にあるように、犬レプトスピラ病に対する予防への考慮なども理由の一つかもしれませんし、 今現在、日本の研究・開発結果で特定出来ているコアワクチンの抗体持続期間が1年という判断から来ているのかもしれません。

アメリカも、元々は1年に1回のワクチン接種が一般的でしたが、ガイドラインの発表や医療費が日本に比べると非常に高い事から、3年に1回のワクチン接種サイクルが一般的となったのではないでしょうか。

・アメリカでは3年に1回のワクチン接種が一般的
・日本では1年に1回のワクチン接種が一般的

どちらが正しいとは、言えないのが事実です。 どちらを信じるかという事になるのでしょうか・・・
結局は、飼主個人が知りえる情報を基に信頼できる方法を選択するしかないというのが現状です。

このページのトップへ

3年に1回のワクチン接種を信じるなら

理想的なワクチン接種サイクルは、5種混合ワクチンを3年毎に接種し、犬レプトスピラ病に対するワクチン接種を半年〜1年に1回というのが望ましいと思います。

しかし、実際にあるのかは不明ですが私の知る限りにおいては、犬レプトスピラ病に対するワクチンだけの接種はないと思います。 もしあっても、それを扱っている動物病院がそれほどたくさんあるとは思えません。 逆に、9種混合ワクチンしか扱っていないという動物病院が多いくらいです。

なので、犬レプトスピラ病に対しては発病しても死亡率が低い事、感染率も高くない事と頻繁な予防接種のリスクを考え3年に1回のワクチン接種を5種にするかそれ以上にするかを判断すればよいと思います。

1年に1回のワクチン接種を信じるなら

コアワクチンでないワクチンも考慮するなら5種以上を選択するか、ワクチン接種のリスクを考慮して、5種ワクチン接種を選択すればよいのではないかと思います。

これはあくまでも私個人の私見です。 動物病院様や獣医あるいは、各関係国・関係機関・団体・メーカー等を批判しているわけではありません。 今現在の日本では、公的・法的な決まりがない以上、飼主様自身の判断に任されているのが事実です。 様々な見解や情報を頼り、近隣の獣医などと相談の上最適と思われるワクチン接種を選択していただければと思っております。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ