子犬のワクチン接種

現在、以下9種類のワクチンが存在します。

  1. 犬ジステンパー
  2. 犬パルボウイルス感染症
  3. 犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
  4. 犬アデノウイルスII型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
  5. 犬パラインフルエンザ
  6. 犬コロナウイルス感染症
  7. 犬レプトスピラ病黄疸出血型
  8. 犬レプトスピラ病カニコーラ型
  9. 犬レプトスピラ病へブドマディス
赤字は重要なワクチンで、コアワクチンとも呼ばれています。 どの混合ワクチンでもこのコアワクチンは、含まれています

これを、各動物病院によってちがいますが、5種混合〜9種混合まで1回のワクチン接種で済ませてしまいます。 1〜5番までが5種混合ワクチンで、以降は上記番号順に加えられます。 例えば、8種混合ワクチンだと1〜8番までとなります。

単純に9種混合ワクチンを接種すればいいというものではありません。体力が備わっている成犬なら問題ありませんが、子犬や老犬となると、副作用 のリスクがあるからです。

知らない人が非常に多いのですが、犬のワクチン接種には副作用のリスクがあります。

ワクチンとは?

もともとワクチンというものは、感染症のウイルスの毒素を弱めた「抗原」のことです。 ワクチン(抗原)を犬の体内に注射すると、この「抗原」に対抗する「抗体」が体内で新たにつくられます。

毒素を弱めているので、「抗体」が勝り、「抗原」を退治できるので、新たにつくられた「抗体」だけが体内に残るのです。 この現象を目的としてワクチン接種を行いますが、これには副作用が起こる場合があります。

副作用が原因で病原体の症状が出たり、アレルギー・自己免疫疾患などの病気になったりすることがあります。 特に抵抗力の弱い子犬や老犬が、この副作用を起こす確立が成犬に比べると非常に高くなります。

命に関わるような全身性ショックは数千〜1万件に1件ぐらいといわれているそうです。 つまり、抵抗力の弱い子犬に複数のワクチン接種は「高い予防効果の反面、高いリスク」 も、ともなうことになるのです。


このページのトップへ

子犬のワクチン接種の選択

これが正しいという答えはありませんが、信頼できるブリーダーさんの話では病原体の感染はペットショップなどに仔犬を搬入している業者の犬舎や流通ルート、ペットショップのショウケースなどがほとんどだそうです。

つまり、しっかり管理されたブリーダーから直接購入した場合は、5種混合ワクチン(特に生後日数の浅い第一回目接種)までにとどめ、ペットショップで購入した場合は、病気にかかるリスクと副作用のリスクを考えると、9種混合ワクチンの接種を受けるほうが良いのではないでしょうか?

飼い主様がお住まいの環境にもよりますので、近隣の獣医さんなどと、よくご相談の上判断されれば良いと思います。

子犬のワクチン接種の時期と回数

人間と違い犬は、時間がたつと抗体が消滅します。消滅する期間については、犬によってさまざまで、予測することは不可能です。

ワクチン接種を受けた場合には、ワクチンの効果はほぼ1年間といわれています。 現在では複数混合ワクチン接種が一般的で1回5,000円〜1万円位となっていますので、これを1年に1回接種します。

子犬の場合は、生後授乳によって病気に対する抗体を母犬から受け継ぎます、これを移行抗体といいます。 しかし、この移行抗体は42日〜150日で消滅してしまうのです。以後は自分で抗体を作らなければいけません。

そこで、移行抗体が消滅しかけた時にワクチンを接種するのです。 ですから、最も早く抗体が消滅するケースを考慮して、第1回目のワクチン接種をします。 それが、最短で生後42日目といわれています。

しかし、その第1回目はもしかしたら移行抗体が残っていて、子犬自身が抗体をつくっていないかもしれません。 その為、その1ヵ月後(90日目)に第2回目のワクチンを接種します。 さらに、この時期でも移行抗体が残っている場合があるので、念の為2回目から1ヵ月後(120日目)に第3回ワクチン接種をします。

このことから、子犬には生後42日〜60日を第1回目とし1ヵ月おきに計3回というワクチン接種のスタイルができあがったのです。


このページのトップへ

子犬のワクチン接種の値段

動物病院や何種の混合ワクチンかによって、値段はさまざまですが、6種混合ワクチンで約8,000円前後だと思います、 近隣の動物病院に、あらかじめ電話で問い合わせてみましょう。

子犬のワクチン接種後の散歩

2回目のワクチンを接種して、約2週間くらいたてば散歩に連れ出してもかまわないでしょう。 待ち遠しいとは思いますが、愛犬の安全の為ですから、グッと我慢してください。 ただ、2週間以内でも、抱っこしたまま外へ連れて行く程度なら問題ないと思います。

犬用品人気ランキング市場


このページのトップへ