トイレのしつけ

最初に始める犬のトイレのしつけ

生後2ヶ月ころになったらトイレのしつけの開始です。特に室内で飼う小型犬はトイレのしつけから始めましょう。 どんなにおりこうな犬でも最初からいきなりトイレですることはありません。まず、サークルとペットシーツを用意しサークルの中にペットシーツを敷きます。

子犬は1〜2時間サイクルでオシッコやウンチをします。食後や水を飲んだ後なども必ずするので、 そのタイミングでサークルの中に子犬をしばらく入れておきオシッコやウンチをしたら「おりこうさん、ヨシヨシ・・・」など精一杯ほめてあげましょう。

オシッコやウンチのにおいがついたペットシートはそのままにし、さらにしばらく子犬を入れておきペットシーツがトイレだということを覚えさせます。 ペットシーツに慣れたらサークルから出して、今度はサークルの囲いを取りはずしてペットシーツをセットしておきます。

子犬がオシッコやウンチをしたくなるとソワソワしたり床をクンクンにおいを嗅いだりします。ウンチの場合はクルクル回り始めたりします。 この様子を確認できたらトイレへ連れて行き「トイレ」「オシッコ」などと声をかけながらさせて、ちゃんとできたらほめてあげましょう。

もしトイレ以外の場所で用を足してしまっても、現行犯以外はけっして怒らず、その場所をきれいに掃除し、においが残らないよう消臭剤などを使って丁寧に掃除しましょう。

現行犯の場合は、短くハッキリとしかることが大切です。極端にきつくしかると、オシッコやウンチをすることが悪いことだと判断し、 飼い主がいないときや、見えないところで隠れてするようになってしまいます。

叱るときに名前を呼んではダメ!

また、トイレのしつけに限らず犬を叱る時に、その犬の名前を呼んで叱る事は決してしてはいけません! なぜなら、今後その犬の名前を呼ぶ度にその犬は「叱られてるんだ・・・」と、思うようになってしまうからです。

また、トイレはいつもきれいにしておきましょう。もし、別の場所で用を足してしまったら、怒る前にトイレを確認してみてください。犬も人間と同じで、汚れた場所で用を足したくはないものです。 いつもきれいに掃除しておくよう心がけましょう。

汚れたトイレは、においの元になり、ひどい場合には近所迷惑でトラブルにもなりかねません。犬と暮らすには、自分たちだけの事ではなく、隣近所への配慮も大切な事です。

トイレの場所は、一度決めたらできるだけ動かさないようにします。風通しがよく、通気性のある窓際で、出来れば飼い主から見えにくい場所を選びましょう。 床も、畳やじゅうたんはさけて、掃除のしやすいフローリングやビニール素材の床材が敷いてあるところが好ましいと思います。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ