食事のしつけ

犬の基本的なしつけ

カワイイからといって、甘やかしてはいけません。 食事のしつけは、飼い主がリーダーだとわからせるためにも大切なしつけなのです。

食事は時間を決めて、毎日必ずその時間帯に同じ食器で与えるようにします。 食器を変えたり缶詰のままだったりしないようにしましょう。 食事の場所も毎日同じにし、そこが犬の食卓だとしつけます。

食事の時間が飼い主の夕食時の場合は、必ず飼い主が食べ終わってから飼い犬に食事を与えるようにします。 犬の食事を先にしたり飼い主と一緒に食べてしまうと、犬が飼い主と同列順位だと思ってしまうことがあるからです。

食事を与える時間帯は、毎日決まった時間帯であれば飼い主の都合で決めればよいでしょう。 朝でも夕方でも散歩の前に食事を与えれば、ちょうど散歩するころにはウンチをするようになり、 規則正しい生活ができるようになります。 そうすることにより室内でのウンチが少なくなりにおいも少なくなります。

複数飼っている場合には、先に飼っていた順に食事を与え食事の場所は出来るだけ離しておきましょう。

食事のときには、毎回必ず「おすわり!」「まて!」などのしつけを行いましょう。 もし言うことを聞かなかったらしばらくおあずけにして、飼い主から食事をもらうということを教えておきます。

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ