犬を飼う夏場の注意点

犬の暑さ対策は飼い主の責務!

暑い毎日が続く季節です!私達人間は、日陰に行ったり水分を補給したり日傘をさしたりと自分で対処できますが犬はそうはいきません。 飼い主が正しい知識を持って、犬の暑さ対策をしてあげましょう!

犬の熱中症の危険

梅雨が明けると、よいお天気が続きます。そんな時、「暑いけどお天気がいいから散歩でも行こうかなぁ・・・」、なんて思う人も多いかもしれません

夏場の日中の犬との外出は、出来るだけ避けてください!
犬は、寒さには比較的強いのですが、暑さには非常に弱いものなのです。

特に、小型犬は地面と胴体が近くなりますので、照り返し熱などの影響を受けてしまいます。 人間が感じる以上に、犬は熱い思いをしています。

また、現在ではアスファルトで舗装されている道路がほとんどで、非常に熱くなっているものです。 人間は、靴をはいているのであまり気がつかないかもしれませんが、犬は靴をはいていません。

夏場のよく晴れた日のアスファルトの熱さは、海水浴場の砂場を素足で歩いた時のあの熱さ以上です。 たとえ天気が悪くても、必ず自分の手で地面の熱さを確認して、あまりに熱いようなら抱っこするなどして対処してあげましょう。

庭のあるお家で、室外で飼っている場合や、室内で飼っていても掃除などのため、日中に犬を庭に出しておくなどの時、あまり気温が高くない天気が悪い日などでも、長時間の室外放置は犬が熱中症になる事があり非常に危険です。

「ちょっとの間だけ」と、思っていても急用が出来て、急いで外出する時に犬の事をうっかり忘れてしまい、そのまま外出してしまう。 などのちょっとした「うっかり」が、不幸な結果になることも少なくありません。

もちろん暑い日に長時間犬を外に放置してはいけない事を、ほとんどの人は知っていると思います。 ですが、知っているから間違いは無いという事はありません。

とにかく、ペット化された犬の暑さ対策は、飼い主である人間の責務です。注意に注意を重ね、不幸な事故が起きないよう配慮してあげてください。

夏は暑いから犬に服は必要ない?

確かに犬は、体毛で覆われているので、その上に服を着させると暑いとは思います。 しかし、夜間ならともかく日中の外出時は、紫外線の被害を防ぐ意味では、非常に重要な役割をはたします。

人間は、日傘や日陰に移動するなどの対処は自分で出来ますが、犬には不可能です。 紫外線が影響して、皮膚ガンなど色々な病気の原因になります。

最近では、夏用の犬の服でクールダウン効果のあるものが増えていますので、そういうものを利用する事をおすすめします。

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ