犬のしつけをする前に

犬のしつけとは?

あなたはしつけを、

「飼い主の命令を犬に対して一方的に理解させ、飼い主にとって都合のよい犬に育てること」

と、思っていませんか?

犬の問題行動 = 犬にとっては当たり前!

人間から見た犬の問題行動(吠える・噛むなど)そのほとんどは、犬にとっては自然で当たり前の行動なのです。

・吠える人間で言えば「話す」
・噛む人間で言えば「手を使う」

というように、私たち人間がいつも自然で当たり前にしている行動とおなじで、犬の行動には必ず意味があるものなのです。 また、人間に個性や性格があるように、犬にも個性や性格があるのは当然のことです。

犬種によっても、気が強い・温厚・神経質などさまざまです。 もっと言えば、オス・メスの違いや同犬種でも、毛種・カラーによっても性質の違いがみられると言われています。

しつけは、人間と犬との間にシッカリとした信頼関係があって、初めて成功するものなのです。 その信頼関係をきずくためには、飼い主のほうから犬の気持ちを理解する努力をしなくてはなりません。

犬の気持ちを理解し愛情を持った上で、「こうして欲しい」「こうして欲しくない」という人間の気持ちを伝えることがしつけというものだと思います。

犬のしつけの方法に決まりはない

先に記述したように、犬には個性や性格があります。 当然、その犬によってしつけのしかたも違って当たり前なのです。

よく犬の書籍や、インターネットの犬のしつけ方や飼い方などを読むと「叱ってはダメ」など、いろいろな方法が掲載されています。 それをそのまま鵜呑みにし、しつけを続けて成功するものだと思い込まないようにしましょう。

人間の子供でも悪いことをすれば、きつく叱らなくてはなりません。 その子の性格などから、その子のことを思えばこそ場合によっては、手を上げることも必要なときもあるかもしれません。

しかし、あまりきつく叱るよりほめてしつけるほうが、犬にとっても飼い主にとっても幸せで一番いい方法であることは言うまでもありません。

何度も言いますが、しつけとは、飼い主のほうから犬の気持ちを理解して愛情を持って自分の愛するワンちゃんに、人間の気持ちを伝えるということなのです。

けして犬の書籍や犬のインターネットの掲載内容が間違っているという事ではありません。 ていうか、今のところ間違っていると思うような掲載は見たことがありません。

犬のしつけに関する書籍やインターネット

何が言いたいかというと、当サイトも含め書籍やインターネットなどは、犬という大きなくくりに対してのしつけ方・飼い方なのです。 あくまでも、「こういう方法はどうですか?」のようなものとお考え下さい。

要するに犬に関する知識を学び参考にしてください。「こうしなければいけない」と思い込まないで下さい。


このページのトップへ


犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ