子犬の入手方法

ペットショップ・ブリーダーなどから子犬を入手する

家族の同意を得て、子犬を入手することが決まったら、じっさいに子犬を見に行ってみましょう。 まずは、自分の購入したい犬種を取り扱っているところへ、行ってみることをおすすめします。

入手方法は、主にペットショップやプロのブリーダーから入手することになります。 大型のペットショップなら、多種類の犬種を取り扱っていますが、犬種によって取り扱っていない場合がありますので、あらかじめ連絡を取り確認してから行くようにしましょう。

プロのブリーダーから入手する場合は、しっかりと管理された個体が多く、主にショードッグのものになるので価格がやや高めになりますし、 希望の犬種を扱っているブリーダーが近くにあるとは限りません。

ブリーダーを探す場合は、犬専門の雑誌の広告や、団体などに問い合わせてみるのもいいでしょう。 連絡が取れ、信頼できそうだと判断したら、実際に行ってみて、自分の目で見ることをおすすめします。

ブリーダーのところには、いろいろなタイプのものがたくさんそろっていて、飼育のアドバイスもしてくれます。 お互いの信頼関係を築くためにもよいので、足を運んでみましょう。

また、選ぶポイントとしては、オスにするかメスにするか、ということもあります。 単純に、繁殖をさせたいと考えるのであればメスを、特に繁殖は考えていないのであれば、オスを選ぶという方法でもいいですが、ほかにも家庭の環境など、さまざまな条件を家族で相談し決めるようにしてください。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ