犬を飼う前に

正しい犬の知識を持ちましょう!

犬は、賢くて無邪気でとてもカワイイものです。
うまく育てると、家族の会話をどんどん理解して、命令などにも的確に応えてくれる素晴らしいパートナーとなります。 飼い主として、犬を飼う前に最低限の知識を持つ事は、重要なポイントです。

賢いということは、それだけ感受性が強く、家族に求めてくるものが大きいということです。接し方や育て方を間違えると、 問題犬にもなりやすくなるということを忘れてはなりません。

可愛い犬の顔を見ていると、ついつい甘やかしてしまいます。わがまま放題甘やかされて育った犬は、権勢症候群(アルファーシンドローム)に陥ってしまうケースもあります。

これは、犬が飼い主の言うことを聞かなくなってしまい、さらには飼い主や家族に噛みついてしまうというものです。

人間の子と同じで「うちの子は大丈夫」と思う人が多いようで、最近飼い犬に噛まれたという例が実際多く報告されており、問題視されています。

かわいがることは、もちろん大切な事ですが、しつける時には厳しくしっかりとしかってやり、わがままな犬に育てないよう正しく育てましょう。

犬にとって、子犬の時期の遊び方と、最初の一年間のつきあい方が、その後の犬の一生のすべてを決定すると言っても過言ではありません。

キャンベルテストや正しい知識で、しっかりと子犬を選びきちんとしつけながら育てていくことが何よりも大切です。

子犬にとってあなたの手のひらは、母犬の舌と同じです。母犬が子犬の体中を四六時中やさしくなめ回してあげてるように、あなたも子犬に話しかけながらどんどんなで回してあげることです。 そこから深い信頼関係がうまれ飼い主と愛犬が、有意義で幸せなペット生活がおくれることを心から応援します。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場


このページのトップへ