子犬を迎え入れる

子犬がお家にやってくる!

さて、いよいよ子犬を我が家へ迎え入れる時がやってきました!

あなたはもちろん家族全員わくわくして、興奮している事でしょう。 特に子供さんなんかは、「いっぱい遊んであげよう!」とか「子犬と一緒に寝ようかな?」とか、大はしゃぎだと思います。

気持ちはわかりますが、あなたも含め家族全員で話しあってグッと我慢の時です。

なぜならブリーダーから購入した場合、はじめて親犬と離されすべてまったく違う場所に来る事になります。 ペットショップなどから購入された場合は、少なくとも2度以上の環境の変化を体験することになります。 どちらにしても、まだ幼い子犬にとって、環境の変化によるストレス・恐怖心・疲れは、相当なものだからです。

そんな状態の子犬に対し、無理に遊ばせたり抱っこしたりさわったりしてしまうと、体調不良になったりひどい場合には低血糖症になる事も稀にありますので、じゅうぶん気をつけてあげてください。

子犬の生活する場所

まず、子犬を迎え入れる前日までに整えておくべき事です。 室外で飼う場合は、よっぽどの場合を除き飼う場所は決まっていると思いますので室内犬についてお話します。

子犬が眠るサークルやベッドなどを設置し、子犬が自由に過ごせる場所を決めておきます。

我々人間の都合では、いつも目の届くリビングやキッチンなどを考える事が多いようですが、リビングは夜遅くまでテレビや電気を明々とつけていることが多いので、子犬にとって落ち着ける場所とは言えないため避けたほうがよいでしょう。

キッチンは、やはり衛生上あまりよくありませんし人間の食料をおいてある場所なので、犬にとって危険な食料もあるためできれば避けてください。

マンションなどで飼う場合に、ベランダは落下の危険はもちろん隣近所へのペット臭や吠え声などの迷惑を考えると、避けるべきだと思います。

1番よい場所は、あまり人間の出入りが少なく静かな場所が最適です。 あなたが子犬を飼う環境の中で、1番静かな場所を選んであげましょう。

このページのトップへ

子犬が家にきたら

重ねて言いますが、子犬を迎え入れるという事は、その子犬にとっては大変な環境の変化を経験するという事です。

まず、子犬を子犬のお部屋に入れてあげ2、3日は必要最小限の世話をするだけにして、出来る限りそっとしておいてあげましょう。

また、環境の変化から食欲がなくなることが多いようですが、環境になれれば食べるようになると思います。

そして、環境に慣れ可能であれば、家中を隈なく自由に探索させてあげましょう。

自分の住む場所が安全な場所だと子犬自身に判断させるために効果があります。 もちろん子犬ですから排泄など至る所にするでしょうが、叱ってはいけません。

あなたは、その排泄物を掃除し、匂いが残らないようにする事を心掛けてください。

子犬のごはんは、必ずペットショップ・ブリーダーなど、子犬が以前食べていた物を用意してあげるようにしましょう。

生後2,3ヶ月までの子犬の胃腸は、まだ弱いので環境の変化に加え食事の変化が重なると、お腹を壊す事が多いので気をつけてあげてください。

あとで、いくらでも子犬と遊ぶ事ができます。幼年期の子犬の扱いは、とても大切な事なので慎重にそして愛情を持って子犬を育ててあげましょう。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ