犬の健康管理

犬のお手入れで犬の健康状態を知る。

犬のお手入れは、毎日行いましょう。
それが犬の健康状態を把握する一番の方法です。

例えばブラッシングは、ただ毛並みをそろえるだけではなく犬の血行をよくする効果があります。 また、たれ耳タイプの犬の場合は、耳ダニやカビなどが繁殖しやすいため、毎日確認し汚れていれば必ず掃除してあげましょう。

小型犬の場合は、散歩から帰った時にお手入れすることをおすすめします。なぜなら、体の位置が低いため汚れやダニが付着しやすいからです。 ブラッシングの時には、同時に皮膚の状態をチェックしながら行うと良いでしょう。もし、赤くはれているような箇所があれば、犬の皮膚用ローションなどを塗ってあげてください。

シャンプーは、犬用のものを使いましょう。人間と違い犬の皮膚は非常に弱いため、人間用のものでは刺激が強すぎます。皮膚病になったりすることもあるので要注意です。

犬の爪には、黒い爪と白い爪があり(犬によって違います)爪の中には、血管や神経が通っています。白い爪の場合は、血管が透けて見えるためわかりやすいのですが、黒い爪の場合は、血管が見えないのでよく注意しながら爪の先から少しづつ切るようにしましょう。

春や秋は、換毛期のため毎日かならずブラッシングをしましょう。

犬の健康状態を把握するのは、飼い主の責務です。毎日犬をよく観察していれば、必ずわかることが多いのです。 ウンチや尿の状態・同じ箇所をずっとかきむしる・同じ箇所をずっと舐める・元気がないなど、何らかの信号を出してくるはずです。 この信号を見落とさず適切な処置をしてあげなければなりません。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ