犬と一緒の交通手段

犬と一緒に電車・バス・飛行機・フェリーに乗る。

犬と一緒の移動には、まわりの方への配慮や動物への負担を考え、新幹線・飛行機・自家用車などの交通手段をおすすめします。 そして、利用する交通手段の会社にあらかじめ犬の持ち込みについて問い合わせておくことが重要です。

犬と一緒に電車に乗る。

どの鉄道会社も、爬虫類などの特殊な動物を除いて、手回り品の料金を別途払うことで乗車を認めてもらえます。 (JR各社の手回り料金は270円です)

もちろんゲージに入れることは必須条件です。 新幹線でも、連れて行くことは出来ますが、寝台特急・夜行快速では、犬などの鳴く動物は他のお客さんのご迷惑になりますので、じゅうぶん配慮してください。

また、夜行列車の場合は持ち込みを断られる場合もありますからご注意下さい。

参照: JR 【手回り品規定】

犬と一緒に飛行機に乗る。

ペットについては、ANA、JAL、AIR DOとも規定があります。

ANA、AIR DOでは料金は一律4000円(国内線)となります。 ゲージに入れるのは必須条件で、鍵付きのものに限られます。 木製など一部ゲージでは受け付けてくれません。 ゲージがない、あるいは規定外の場合は、貸出ゲージを料金別途500円でご利用いただけます。

※ただし、これは飼い主も一緒に搭乗する場合ですから、当然人間の運賃もかかります。

参照1: AIR DO 【ペットについて】

参照2: ANA 「ペットらくのりサービス」

JALのほうではJALペットクラブというのがあり、「ペットとおでかけサービス」をやっています。 JALの方は料金一律ではなく、路線により違いますので以下でご確認下さい。

参照3: JAL「ペットとおでかけサービス」

犬と一緒にバスに乗る。

路線バスは、JRの場合手回り品料金はかかりません。(バス会社によっては手回り品料金がかかることもあります)路線バスは、まずゲージに入っていれば動物の連れ込みは問題になることはありません。

だだし、夜行バスの場合はペットの持ち込みは出来ないことが多いようですので注意してください。

犬と一緒にフェリーに乗る

目的地につくまでに非常に時間がかかりますが、料金は安いです。 ただ、フェリーの場合でも基本的には船室への動物の持ち込みは禁止です。 車でフェリーに乗せる場合は、車の中に入れておくのが基本です。 太平洋フェリーの場合、例外的に船内に犬の預かり所を設けています。

参照: 太平洋フェリー

関連情報

犬の輸送手段

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ