ハウスのしつけ

タイミングよく「ハウス!」号令

どんな犬も子犬のあいだはいつも寝ています。 子犬はよく寝るという習性を利用して、まず「ハウス」を教えてみましょう。

子犬が寝床でウトウトしているときに「ハウス!」と号令をかけながら、なでてやります。これを毎日、子犬がハウスにいるときに繰り返し行います。 これを続けることで子犬は、その場所がハウスだということを理解するはずです。

この方法が、うまくいかなかった場合には、ハウスへ飼い主が抱っこして連れて行き、「ハウス!」と号令をかけながら、犬をなでてやります。 また、犬用ビスケットなどのご褒美を与えてもよいでしょう。 これを、繰り返し毎日行います。

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ