子犬の選び方

子犬を自分で確認する

CMのように「目と目が合ったから・・・」という理由も、それなりの判断基準にはなりますが、 それだけで選んでしまっては、ちょっと問題が残ることもあります。

一度入手したら10年以上の長い付き合いになるのですから、その犬の健康状態などを自分でチェックすることが大切なことは言うまでもありません。

健康チェックのポイントは、いくつかあります。基本的には、元気がある・食欲があるこの二つが一番たいせつですが、 これからりっぱな飼い主をめざすためにも、もっとこまかくチェックするようにしましょう。

<チェックポイント!>

  • ・頭の形がよい
  • ・毛のつやがきれい
  • ・口がくさくない
  • ・耳の中が汚れていない
  • ・動き方・足に異常がない
  • ・おしりがウンチで汚れていない

さらに、ペットショップでは、ふつうは生後2〜3ヶ月のものが多くいるのですが、寄生虫の駆除や混合ワクチンの接種が終わっているかどうかも確認しましょう。

性格もチェックしよう!

実際にお店の人にさわらせてもらって、どんな性格かをチェックします。 たとえば抱き上げたときに、おとなしく抱かれているか、逃げようと暴れるのか、うれしそうにしっぽを振る子犬か、 その反応はさまざまなので、いろいろな反応を考え合わせて、自分の好みに合った子犬を選ぶことが一番だと思います。

選び方の一つとして以下の方法があります。

<キャンベルテスト>

  • ・あおむけに30秒じっとしていられるか
  • ・地面から10センチほどの高さで抱いてみて30秒じっとしていられるか
  • ・子犬のそばに空カンを落として極端に怖がって近寄らなくならないか
  • ・背中をつまんでみて噛みつくことはないか

このテストで、すべて問題なければ、しつけのときにも、スムーズにいきます。 もし、その店で満足のいく子犬がいなければ、妥協して購入するのではなく、数件回ってみてじっくりと自分に合った子犬をさがしましょう。

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ