ダメのしつけ

犬はいたずら好きです。

犬は、基本的にいたずら好きです。
特に子犬になると、とんでもないいたずらをすることがあります。

そんな時、『可愛いから・・・』と、そのままにすると犬は「いいことなんだ」と判断し、 いたずらを止めなくなります。

人間と生活している環境では、電気コード・押しピン・人間用の薬・人間の食べ物で 犬に危険な食べ物 など、犬にとって非常に危険な物がたくさんあるので、この「ダメ」のしつけは重要なしつけです。 それと同時に、いちばん難しいしつけと言えます。

なぜなら、いたずらをした痕跡を見つけて叱っても、犬はなぜ叱られているのか理解できないものなのです。 つまり、「ダメ」のしつけは、犬がいたずらをしている最中に、『ダメ!』と号令をかけながら叱るようにしなければなりません。

「ダメ」の口調をややはげしくし、号令とともに犬の口をつかんで目を見て叱りましょう。 これによって犬は、「ダメ」の号令を聞くと、痛さを思い出し、いたずらを止めるようになると思います。

しつけは、”叱る”と”ほめる”をうまく使い分けることが大切です。叱る時は、言葉を短くハッキリと発音し、ほめる時は少し大げさに、『ヨシヨシ』など犬が喜ぶようにほめてあげましょう。

ここで、1つの注意点は、叱る時に犬の名前を呼ばないということです。

なぜかというと、自分の名前を呼ばれただけで、叱られていると判断してしまい、いじけたような犬になってしまいます。

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ