子犬を迎える自己診断

仔犬を迎え入れるにあたって

「引越し先の都合」「産まれた仔犬のもらい手がない」「病気の世話」「鳴く(吠える)」「噛みつく・いたずらする」などの理由で飼い主から捨てられる犬達が後をたちません。 子犬を迎える自己診断のチェック項目で、ひとつでも「No」の項目があったらもう一度よく考えワンちゃんを飼うための条件を整えましょう。

子犬を迎える環境と心構えが出来ていますか?

● あなたの生活は犬と暮らすのにあっていますか?   □Yes □No
  • 散歩を含めた充分な運動や毛の手入れなど清潔を保つためのお世話の時間を確保できますか?
  • 長い時間、家を留守にするようなことが頻繁にありませんか?
● 犬を飼う環境は整っていますか?   □Yes □No
  • あなたのお住まいは、ペット飼育が可能ですか?
  • 犬との生活は、あなたの家族の協力も必要です。家族全員の協力が得られますか?
  • また周りの人に迷惑が掛からない飼育を心掛けることが出来ますか?
  • ご家族の中に犬アレルギーの人はいませんか?
● きちんと犬のしつけをする心構えがありますか?   □Yes □No
  • 犬が家族の一員として社会に受け入れられる為にも、しつけが必要です。時間をかけて行う余裕はありますか?
  • 正しい知識を持って、正しいしつけを行なう気持ちはありますか?
● 犬を飼育するのに必要な費用は準備できますか?   □Yes □No
  • 食費・予防措置・美容費・ワクチン・フィラリア予防など定期的にかかる費用のほか、去勢・避妊費用、病気になった際の治療費は準備できますか?
  • 家族で旅行する時など、愛犬も家族の一員として一緒に考えられますか?
● 愛情を持って犬を一生大事にできますか?   □Yes □No
  • 犬を飼うことは生命に対する大きな責任が伴います。これから10年以上犬と生活する事になります。天寿をまっとうするまで飼う事が出来ますか?
  • 仔犬の時期はほんの少しです。あっという間に成長し、そして老いて介護が必要となっても今までと変らない愛情を注げますか?

このページのトップへ

犬用品人気ランキング市場

このページのトップへ